読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生データをそのまま使うフォントのアイデア

XMLで原稿が入る時、カウントされた数値の生データが入っていることがあります。例えば...
f:id:seuzo:20120131152500p:plain
この「<rate>4</rate>」の部分が★のレートを意味しており、実際には
f:id:seuzo:20120131152508p:plain
のようにレイアウトされるような場合です。
もちろんこの場合だったら、XMLを別途処理して「<rate>★★★★</rate>」のようにしてもかまいません。
本日、紹介するのはその別解。
f:id:seuzo:20120131153455p:plain
すいません、単に数字のコードポイントにフォントを作ってみました。それだけの話です。
この方法だと、生データを生かせるだけでなくピクトグラムなどの特殊なマークにも対応しますね。あと、同じ理屈でExcelデータからInDesignのデータ結合を利用するような場合にも流用できます。
f:id:seuzo:20120131154339p:plain
f:id:seuzo:20120131152506p:plain


生データをできるだけそのまま使うという発想

TK TYPEというフォントメーカーが開発した「CHARTWELL」というフォントがあります。

OpenTypeの合字を利用して、数字の生データをそのまま円グラフや棒グラフなどのチャートにできるというものです。
VIDEOを見ていただければ、どんなことをしてくれるか理解できるでしょう。

005 Magically building graphs with the Chartwell font
InDesign Secrets | by David Blatner and Anne-Marie Concepcion
View this entire course and more in the lynda.com Online Training Library®.

このアイデアのすごさは、単にグラフが描けるということじゃありません。生のデータをそのまま使えるということです。